Windows Vistaの全サポート終了まで残り2か月、注意すべきことは?

教えて!goo ITライフch編集部 2017-02-13 14:38:34

買い替えサイクルが短くなりがちなスマートフォンと比べて、PCは昔のまま使い続けている、という人も多いのではないでしょうか。もしそれが10年経っていたら要注意です。

情報処理推進機構(IPA)は2月10日、マイクロソフトOS「Windows Vista」のサポート終了に伴うリスクについて発表しました。

ご存じですか? OS にはサポート期限があります! - Microsoft atLifeより

Windows Vista については、2007年1月に提供が開始され、2012年に本サポートが終了した後、5年間継続してきた延長サポートが4月11日(日本時間)に終了。同日以降は、新たな脆弱性が発見された場合でも、セキュリティ更新を含む全てのプログラムが提供されません。

IPAによると、Windows Vistaについては、これまで1,032件の脆弱性対策情報がIPAのデータベースに登録されており、発売から10年以上経過しても減少していないとのこと。そのため、継続使用によって「PC の乗っ取り」や「機密情報の漏洩」といったリスクが発生する可能性を指摘しています。

Windows Vistaの全サポート終了まで残り2か月を切りましたが、PC環境を移行する際には、データのバックアップだけでなく、ソフトウェアや周辺機器の互換性などにも充分注意してください。


「教えて! goo ITライフch」は、IT・家電に特化した情報サイトです。IT全般に関する情報を、分かりやすくお伝えしていきます。